ゲイのパパ活

ゲイのパパ活の相場はいくら?

最近では、ゲイの間でもパパ活が流行しています。

ここでは、ゲイのパパ活の相場・アプリ、やり方などを解説します。

 

ゲイのパパ活とは?

ゲイ活とは、ゲイ版のパパ活です。

ゲイがお金持ちなゲイのパパを探して、サポートをしてもらう活動です。

肉体関係のあり・なしは人それぞれです。

 

ゲイのパパ活の相場はいくら?

お手当の相場は、年齢や容姿・職業によってかなり異なります。

初回の顔合わせ・お茶の相場

初回の顔合わせは、カフェやランチをしながら行われることが多く

相場としては、1時間で3500円~5000円+食事代奢りといった感じです。

※ただし、あまりにもプロフィール写真と実際の容姿が違うなど
パパに好まれなかった場合はお手当なしとなることもあるので注意しましょう。

お食事デートの相場

お食事デートは、夜にディナーやお酒を一緒に飲んだり…という感じです。

個人営業のホストといったイメージですね。

相場としては、1時間で5000円~2万円+食事代奢りといった感じです。

お手当というよりも、帰りにタクシー代として支給されることが多いようです。

大人の関係の相場

ゲイにフェラができるなら、ノンケでもパパ活は可能です。

相場としては、都度払いなら1回ごとに1万5000円~5万円以上
月払いなら月10万円~月50万円以上と金額の差は幅広くなります。

定期1ヶ月の相場

1ヶ月定期の場合は、パパのマンションなどに住み込みになることもります。

相場としては、月10万円~月100万円以上と金額の差は幅広くなります。

また、お金だけでなく洋服やアクセサリーをプレゼントしてもらったり、
学費や起業資金、マンション、高級車をくれるパパが見つかる可能性もあります。

 

ゲイのパパ活は詐欺に注意!

ゲイを狙った犯罪も増えています。

警察にゲイとカミングアウトをしにくいことを狙って、騙そうとする人がいるので要注意です。

詐欺師の勧誘

お金のないゲイを狙った詐欺バイトへの勧誘が増えています。

振り込め詐欺の受け子・出し子、架空請求のかけ子、違法薬物の運び屋など

詐欺バイトに誘われても断りましょう。逮捕されます。

マルチ・勧誘業者

ゲイのフリをして近づいてきて、

マルチ商法や投資・保険などの勧誘をする業者もいるので要注意です。

 

ゲイのパパ活アプリの注意点

禁止用語を使わない

出会い系サイト内の掲示板では、「サポ」「パパ」などの用語は使えません。

禁止用語を使うと、書き込みが削除されたりアカウント停止となってしまいます。

サイト内でお手当交渉は禁止

お手当の交渉などは、LINEを交換してから行いましょう。

 

ゲイのパパ活アプリのおすすめランキング

ゲイ活(ゲイのパパ活)はいつ禁止されるかわからないグレーなお仕事なので、

なるべく早めにゲイ活アプリに登録して、太パパを探しておきましょう。

 

Bridge(ブリッジ)

Bridge(ブリッジ)は、ゲイ専門の真面目な恋活・婚活アプリです。

登録するためにはFacebook必須で、審査があるので安心・安全に出会えます。

30代・40代・50代のゲイも登録しているので、お金持ちなゲイが見つかるかもしれません。

月額料金は5600円と少し料金は高いですが、投資した分だけいい人が見つかるかも?

アスリート

アスリートは、ゲイ専用の会わないパパ活アプリです。

チャットボーイ・メールボーイとして、
アプリ内でメール・電話・ビデオ通話をすると、お金を稼ぐことができます。

※実際に会うことや連絡先交換は禁止されています。

 

ゲイのパパ活のやり方

アプリに登録する

出会い系アプリでは、年齢確認が必須です。

免許証、保険証、パスポートなどをスマホで撮影してアップロードしましょう。
※氏名や住所などの個人情報は隠してOKです。

プロフィール画像を設定

プロフィール画像は、あまりにも実際とかけ離れているとお手当なしとなってしまいます。
加工しすぎなうように気をつけましょう。

顔出しをしたくない場合は、筋肉アピールが◎

プロフィール文章の設定

プロフィール文章は、金持ちパパが好きそうな人を想像してかいてみましょう。

・職業(学生が好まれやすい)
・趣味
・性癖やペニスのサイズ
・夢や目標、今現在頑張っていること
↳奨学金を返済するために、週6でバイトを頑張っている
↳海外留学をしたいので、英会話を頑張っている
↳独立してアパレルショップを開業するのが夢で、事業資金を貯めたい など
※あまりにも貧困アピールすると下品に思われてしまうのでNGです。
・都合のいい曜日と時間帯・どんな男性を求めているか?
↳お願いをきいてくれる方
↳相談にのってくれる方 など

パパを検索

「IT企業経営」「医師」「弁護士」「投資家」など
職業名で探すのはおすすめです。

最初は色んな職業の人と会ってみると、
気に入られやすいパパのタイプが分かってきます。

メッセージのやり取り・LINEのID交換

いきなりLINEのIDを送りつけたりするのはマナー違反と思われてしまいます。

最低でも3通程度メッセージをしたら、LINEのIDを交換します。

日程調整

LINEで雑談をしながら、いつ会えるのかを聞き出して日程調整を行います。

この時、

「まずは顔合わせからどうですか?」
「お気持ちで1いただければ嬉しいです。」
「交通費だけでもいただけると助かります。」

などを匂わせておきましょう。

実際に会う

初回は、以下のことに気をつけましょう。

・人のいない場所は避ける(駅前のカフェがおすすめです)
・知り合いの少ない場所(身バレ防止のため)
・清潔感のある服装、小物
・爪を切る
・髪型を整える

条件交渉

顔合わせでは、タイミングを見計らって条件交渉をします。

・会う頻度
・何時間会うのか?
・都度or月払い
・ほしい金額
・支払い方法(封筒に現金を入れてもらうのがベスト)
・お互いに辞めたくなった時どうするか?

なるべくメモに残しておくのがおすすめです。

信頼関係が築けてきたら、定期的に条件交渉をしてお手当アップを狙います(ΦωΦ)

複数のパパを持つ

いくら太いパパでも、いつか切れるものです。

複数のパパを見つけることで、リスク分散となります。

↑ ランキングに戻る

-ゲイのパパ活

Copyright© パパ活アプリ研究所 , 2019 All Rights Reserved.